SEIKO  セカンドダイバー後期  6105-8110  1975年頃


販売価格 238,000(税込) 


セイコー・セカンドダイバー後期モデルが委託入荷。1965年にファーストモデルが製造され、3年後の1968年に今回ご案内のセカンドダイバーがリリースされた。本モデルは年代によって前期・中期・後期に分かれる。いずれも4時位置の竜頭が特徴的で、中期以降は初期型には無かったリュウズガードが付きロック機構を搭載、さらにケース径が大きく44ミリのサイズとなった。ムーブメントはハック機能有りの自動巻きキャリバー6105B搭載。冒険家の植村直己氏が愛用したものは今回ご紹介の後期モデルと言われており、1978年に犬ぞり単独行として初めて北極圏に到達した際にこの時計を着用している。元々ヴィンテージセイコーの人気モデルだが、昨年2019年に復刻モデルが登場し、オリジナルも注目されている。

個体の状態良し。外装に微細な擦れと7~8時方向ケースキワにに少しアテキズ有り。研磨はされていないのではないかと推測される。針と文字盤OK。風防は表面にキズが複数個所あり。精度良好。付属品はオリジナルのラバーブレス。約45年前の物とは思えない良いコンディション。オリジナルを維持した優良個体の数は減少傾向にある。稀代の冒険家着用のセイコー・セカンドダイバー。この機会にぜひ!


日本が世界に誇る植村直己氏が愛用したモデルです。ぜひご検討ください!

 

メールまたはお電話にてお問合せください。

付属品:購入店保証書2019年9月

 

装填中ブレス:

SEIKO純正ラバーブレス+尾錠

別途オリジナルSEIKO純正ラバーベルト+尾錠あり

 

ケース径:約44㎜(ラグ幅19㎜)

 

精度:日差+25秒程度(平置き)

ハックあり

 

防水性:日常生活防水としてお使いください。