ロレックス  赤サブマリーナ 1680  mk4  32  1972年頃


値下げ!!1,880,000円⇒販売価格 1,780,000円(税込) 


ロレックス1680赤サブのご案内(委託品)。サブマリーナの文字盤に初めてカレンダーが付いたのがこの1680で、発売年である1969年に当初は赤サブのみで展開された。赤い一本のラインで綴られたSUBMARINERの表記が特徴的で「赤サブ」の名称で今日まで親しまれ続けている。当初はメーターファースト、後にその位置が逆転して本モデルのようにフィートファーストとなった。書体にもマーク1から6までバリエーションがあり(この個体はパンチラダイヤルのマーク4)、そういう多様性が今もヴィンテージ市場を賑わわせている。1974年頃に赤サブは消え始めて白サブだけとなったため、実質的な生産期間は5年ほど。はや最初の登場から半世紀50年を経ており、残存の個体差が激しくなってきている。

個体は古い時計ゆえケースに擦れやコキズと研磨歴、針と文字盤にもやや痛みが有る。風防キワの部分にやや強めのサビが見られる。針、文字盤、ルミナスのトリチウム夜光はきれいなエッグカラーに焼けている。時分針がやや白いものの夜光全体の焼けは赤サブ特有のザラッとした風合いのマットダイヤルとともにヴィンテージ感満載の表情を作り上げている。カレンダーの地はシルバーではなく白。煙突風防は社外。ブレスは後年の溝あり純正ハードブレス93150を装填。伸びはあるがまだまだ使用可能。昨年前販売店にてOH済みで精度優秀。ヴィンテージの代名詞とも言うべき赤サブを190万アンダーという大特価でのご案内。この機会にぜひご検討を!


雰囲気の良い赤サブが190アンダーです。

お早めにどうぞ!!

 

メールまたはお電話にてお問合せください。

付属品:購入店保証書 (2019年9月)、内箱、外箱、

オイスター冊子(年代違い)

 

装填中ブレス:

93150 後年溝ありハードブレス  FF501B 11+1駒 

*手首径約19㎝まで対応可

クラスプコード:P (1991年)

 

ケース径:約40㎜(ラグ幅20㎜)

 

精度:日差+5秒程度(平置き)

 

防水性:日常生活防水としてお使いください。