ロレックス  サブマリーナ  赤  1680  23番  1969年頃


販売価格 2,880,000(税込) 


ロレックス・赤サブ1680が委託入荷。元々はノンデイトとしてその歴史を先行スタートさせたサブマリーナにデイトが付いたのは1969年のこと。発売当初は赤サブのみ。後に白と並行販売となって1974年頃(異説有り)にたった5年ほどの生産期間で赤サブはフェードアウトした。赤い一本のラインで綴られたSUBMARINERの表記が特徴的で、それが余りにも格好良く、今日でも「赤サブ」はヴィンテージ市場で大人気である。当初はメーターファースト、後にその位置が逆転して本モデルのようにフィートファーストとなった。書体にもマーク1から6までバリエーションがあり(この個体はオープン6・パンチラダイヤルのマーク4)、そういう多様性が今もヴィンテージ市場を賑わせている。はや最初の登場から50年を経ており、個体差が激しくなってきている。

本個体の状態はヴィンテージの美品クラス。針と文字盤のコンディション極めて良好。夜光は濃いパンプキンカラー。1680特有のやや褪せたグレーっぽい文字盤と色合いがとてもよくマッチしている。ケースはこの年代の時計とは思えないほどしっかりしている。インサートはこれまた好ましく褪せたマーク3(ルミナスはトリチウム)。ブレスは純正巻き9315(FF380)。これの状態抜群で単体でも相当な価値が付きそう。別途普段使い用に93150ハードブレスが付属するのは嬉しい。日差優秀。2016年に日本ロレックスで正規オーバーホールを受けており、その際の交換パーツが風防、リュウズ、バネ棒だけという優秀さ。ここで何度も書いてきたことだが、日ロレのオーバーホール歴が有るかどうかでヴィンテージ品の価値は大きく変わる。付属品はオーバーホール時の日本ロレックスサービス保証書とその明細、トリプロックタグ、200mのアンカー、年代違いのサブマリーナ冊子と箱(1680シール貼付)など。ちなみに四角い緑のトリプロックタグはとても貴重な品。雰囲気抜群の赤サブ。ぜひこの機会にご検討を!!


古い時計なのに色合いがとても美しいです。ダイヤル・ケースともにコンディション抜群でおすすめです!!

 

 

メールまたはお電話にてお問合せください。

付属品:国際サービス保証書 (20161)OH時請求書 / 納品書、トリプロックタグ、200mアンカー、サブマリーナ冊子、外箱(1680 ●シールあり)、内箱購入店保証書 (202010)

 

装填中ブレス:

溝無し巻きブレス9315FF38011

*手首径約18㎝まで対応可

クラスプコード無し

別途付属:純正ハードブレス93150 FF580 12駒 クラスプコード:CP(2011年) 

 

ケース径:40㎜(ラグ幅20㎜)

 

精度:日差+5秒程度(平置き)

(ハック無し)

 

 

防水性:非防水としてお使いください。