ロレックス  赤サブマリーナ  1680  25番  1970年製


販売価格 3,780,000(税込) 


ロレックス1680赤サブのご案内(委託品)。サブマリーナの文字盤に初めてカレンダーが付いたのは1969年に登場したこの1680。黒い文字盤上、ただ一本赤いラインで綴られたSUBMARINERの表記が格好良く、「赤サブ」の名称で今日まで親しまれ続けている。当初はメーターファースト、後にその位置が逆転して本モデルのようにフィートファーストとなった。書体にもマーク1から6までバリエーションがあり(この個体はパンチラダイヤルのマーク4)、そういう多様性が今もヴィンテージ市場を賑わわせている。1974年頃に赤サブは消え始めて白サブだけとなったため、実質的な生産期間は5年ほど。はや最初の登場から50年を経ており、個体差が激しくなってきている。今回は保証書やクロノメーター証が付属する貴重な個体のご案内。

コンディションはヴィンテージの美品。外装はスレや小傷程度で大きなものは無し。ケースもどっしりとしている。針は良好だが夜光に小さな欠け有り。文字盤は赤サブ特有のマットで状態良し。風防もOK。夜光の焼けはいかにもヴィンテージのそれ。カレンダーはシルバー。ややグレーに退色したインサート含めてハンサムな赤サブである。ブレスは中板に同年代70年3期の刻印が有る溝無し巻きブレス9315。伸びは有るがまだ十分に普段使用可能。2003年日本ロレックスにてOH履歴が有り、直近では購入店(有名時計店)でOHされたばかり。当然精度優秀。そして滅多に出て来ないギャラ付き個体。シリアルがパンチングされたギャランティ、クロノメーター証、年代の合致した内外箱、サブマリーナ冊子、グリーンタグ、赤タグ、アンカー、日ロレ修理明細と付属品が超充実。大事に受け継がれてきたことが分かるギャラ付き赤サブがこのお買い得価格で。ギャラ付きの赤サブはなかなか出て来ない。この機会にぜひ!!


ギャラ等付属品充実の赤サブ、個体そのものの状態も良いのでお勧めです!!

 

メールまたはお電話にてお問合せください。

付属品:並行ギャランティ (アンドラ公国 73年4月)、クロノメーター証 (パ ンチング有)、二つ折りパスケース、翻訳冊子、グリーンタグ、クロノタグ、サブマリーナ冊子、内箱、外箱 (品番1680/a/b シール有)、200mアンカー、日本ロレックス発行OH時修理明細書&納品書 (2003年10月)、購入店保証書 (2020年6月)、

修理保証書 (OH 2021年5月)

 

装填中ブレス:

9315溝無し巻きブレス  FF280  11駒*手首径約18㎝まで対応可 中板に70年3期刻印有り

 

ケース径:約40㎜(ラグ幅20㎜)

 

精度:日差+9秒程度(平置き)

 

防水性:非防水としてお使いください。