IWC パイロットウォッチ  マーク11初期型  1948年製


販売価格 948,000(税込) 


IWCのパイロットウォッチ・マーク11が入荷(委託品)。IWCパイロットウォッチの出発点は1936年のマーク9に始まる。さらに1945年にはマーク10が発売。マーク11はその後継機種として1948年に登場。前モデル同様、英国、オーストラリア、南アフリカ等の各空軍に納品された。今回のご案内品は裏蓋のB6から分かるように英国空軍用。一般的に英国軍に納品される軍用時計にはブロードアローと呼ばれる大きな矢印が文字盤センター上部に刻印されるが、この個体はそれが無いやや珍しいタイプ。ブロードアローは裏蓋とムーブメント(キャリバー89)にしっかりと正しく刻まれている。ムーブのシリアルから導入直後の初期型と推定、故にまだ耐震装置は装備されておらず、夜光はT表記無くラジウムである。文字盤には1mm以上の厚みをもたせ、さらに中蓋とスクリューバックケースという二重構造により軍用時計にとって大事な帯磁性能を高めた。またケースラグ間のバーは嵌め殺しでNATOベルトや専用の革ベルトにて着用するというこちらも徹底した軍用仕様。民間に卸された後継のマーク12からは着脱可能となった。マーク11は当然のこととして酷使されたものが多くそれがまたあるべき姿でもある。

個体について。70年を経た古い時計なので当然外装には擦れやキズが、針や文字盤には相応の傷みや汚れがある。前述のとおり夜光はラジウムで所々に欠けや汚れ、風防表面にさほど気にならないレベルの擦れが有る。傷や欠けはミリタリーウォッチの勲章とも言えて、これぞ正しきマーク11といった観。ケースに痩せは感じない。精度非常に優秀。その後に続くIWC・パイロットウォッチの元祖とも言うべき時計。状態も良いのでこの機会にぜひ!!


マーク11。さすがの格好良さです。是非現物をご確認ください。

 

メールまたはお電話にてお問合せください。

付属品:購入店保証書2019年11月、革製時計ケース

 

装填中ブレス:

購入店製革ブレス、台座、尾錠 (使用感少な目)

 

ケース径:約34㎜(ラグ幅18㎜)

 

精度:日差+15秒程度(平置き フル巻き時)

 

防水性:水は避けてください。